アフィリエイト初心者の教科書

主婦でも一家の大黒柱になれます!

*

アフィリエイトの種類(ジャンル編)

      2016/11/30

アフィリエイトをするための媒体は決まりましたか?

媒体が決まれば次はどんなジャンルのアフィリエイトをしていくかが必要です♪

 

ここではアフィリエイトのジャンルをご紹介しますね♪

ジャンルも何となく決まってくると

方向性が見えてアフィリエイターとして加速できます♪

 

では、本題に♪(ノω`*)ノ
ジャンルは
①トレンド系アフィリエイト
②せどり・転売系アフィリエイト
③物販系アフィリエイト
④PPCアフィリエイト
⑤情報教材アフィリエイト
⑥アダルトアフィリエイト

こんな感じに分かれます。

 詳しく説明していきますね♪ 3yuuna3
①トレンド系アフィリエイト
トレンド系はその名のとおり・・・
旬な内容に絞ってアフィリエイトしていくジャンルです。
例えば・・・
最近結婚したタレントさんのお相手を詳しく調べたり
話題のスイーツ・ダイエット法を
詳しくわかりやすく紹介したり・・・

 

仕組みは初心者さんでもわかりやすくて
無料ブログでやっている方も多いのが特徴です。
決まった時間に配信すると
アクセスも増えやすくなります。

 

ここまで聞くと
参加しやすいジャンルのように感じますが
飽きやすい人には不向きなこと
ほとんど毎日最新の情報について紹介が必要なこと
報酬の頭打ちがあるがあることがデメリットとして挙げられます。

 

2yuuna6新しいものが大好きで 

        お小遣いくらいの報酬が欲しいな~って方にはお勧めです♪

 
②せどり・転売系
これも・・・その名の通り。
商品を安く仕入れて利益が出るように売るジャンルです。
比較的早く報酬が手に入ることが特徴です!

せどりや転売系がネットビジネスを始めるきっかけになると言っても過言ではありません。

 

せどりの大きな特徴はPC上だけでビジネスが完了しないところです。

商品を仕入れるために,時には外出する必要があります。

また、商品を梱包したり発送したりする手間も必要です。

 

細かい作業も伴うので、苦手な人には不向きかもしれません。2yuuna7

 

反対に!掘り出し物を見つけることが好きな人には

向いていると思います。

黙々とPCの前で作業するだけでは嫌!という方は

せどりをやってみてはいかがでしょうか?

 

 

③物販系アフィリエイト

 

副業として取り組んでいる人が多く
せどり・転売系と違いPC上で完結させることが可能です。
やり方次第では月7桁も狙えます。
ただ、専門用語が多く
独学だと挫折してしまう人が多いジャンルです。

 

サイトで商品のレビューを公開して

そのレビューを見て誰かが商品を購入してくれると

あなたに成果として報酬が支払われます。

 

継続して続けていくことで

実績が積み重なっていくので報酬も得られやすくなります。

 

 

④PPCアフィリエイト
これはPPC広告を使ってアフィリエイトするジャンルです。
例えば・・・YahooやGoogleの
Baidu IME_2015-12-12_15-38-58
この部分です!
この広告がクリックされると報酬が発生します。
ここに広告をのせるには広告費が必要なので
初心者さんが参入するのは一般的に厳しいという意見が多いです。
さて、後2つ!!
どんどんいきますよ♪
⑤情報教材アフィリエイト
教材アフィリエイトと言われることもあるジャンルです。
内容は・・・教材を商品として紹介するジャンルです。
柚奈もここを目指してきましたが独学だと少し厳しい世界だと思います。
報酬がでるまでに時間がかかるのでモチベーションを
保つのに大変です。

とは言っても、売上が一気に上がるジャンルなので
アフィリエイトで生活を!と思っている人にはお勧めのジャンルです。2yuuna4
 

最後に・・・
これはひとり暮らしでない人には
家族の理解が必要なので・・・
取り組みにくいかもしれませんが・・・
一応ジャンルのご紹介しますね♪

⑥アダルトアフィリエイト
言葉の通り・・・アダルト系専門のサイトを作って
アダルト系商品を紹介します。
メリットとしては、継続的な収入になり、
コピペでサトが作られているものが多いということです。
ただ・・・アダルトというだけで人聞きが悪い。
表立ってできない。
教えてくれる人が少ない。

というデメリットもあります。2yuuna8
深いニーズは絶対にあるジャンルなので
参入する価値はあるかと思います。
いかがですか?
ジャンルは理解できましたか?
これで専門知識が一つ増えましたっ♪

アフィリエイターとして前進です♪

 - アフィリエイトの教科書, アフィリエイト用語 ,